緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアとは

緩和ケアとは、がんなどの悪性腫瘍による痛みを始めとする苦痛を軽減する治療をするだけではなく、精神的な不安などを和らげ、
患者さんとそのご家族が、より豊かな生活を送ることができるように支援する医療のことです。

化学療法部は、入院患者さんの化学療法に関するコンサルテーションに加えて、適切な緩和医療を提供するために院内緩和ケアチームとしても活動しています。患者さんが退院した後も、必要に応じて緩和ケアする助言を行います。がんの早い段階からの緩和医療の提供のために、地域医療センターとともにかかりつけ医の先生方との密接な情報交換を行っていきます。

このような症状のある方はご相談ください

  • 痛み、息苦しさ、吐き気、食欲がない、お腹がはって苦しい、手足のしびれ、眠れないなど身体に感じる様々な症状
  • 不安、いらだち、気分が落ち込む、恐れ、
    といった心の痛み・問題

活動内容

緩和ケアチームはつらい症状をお持ちの入院または外来の患者さんのご相談を受けます。
主治医・看護師・薬剤師など様々な職種のスタッフが集まり、協力体制をとりながら、医療に関するアドバイスなどを行っていきます。
患者さんのつらい症状を少しでも軽くできるようにお手伝い致します。

ご相談方法

入院中のまたは外来通院中の患者さんとそのご家族の方を対象としております。
相談のご希望があるときは、主治医または看護師にお伝え下さい。

場合によっては主治医のほうから患者さんに、
緩和ケアチームへのご相談をさせて頂くこともあります。
主治医からの依頼を受けて、できるだけ早い時期からの支援を始めます。
入院患者さんが退院されました後も必要に応じて
外来等にてご相談を続けていきます。

化学療法室相談日(週2日)
月・木

(別途費用がかかることがあります)

活動報告

継続して対応した件数
891件(2006.7.1~2018.4.30)
外来:入院
224:667
依頼内容(重複あり
  • 疼痛 882例
  • 全身管理、呼吸症状、下痢、
    メンタルサポート、その他
定期カンファレンス
  • 呼吸器科病棟
  • 耳鼻科病棟(精神科含む)
緩和ケア依頼 入院、外来の比率 

化学療法部CHEMOTHERAPY

名古屋大学医学部附属病院 
化学療法部

名古屋大学医学部附属病院
化学療法部

〒466-8550
愛知県名古屋市昭和区
鶴舞町65番地

TEL・FAX:052-741-2111(代表)

  • カルボプラチン投与量の算出(カルバート式)
  • リンク集