入局案内

入局案内

入局案内

腫瘍に対して治療を適切に行っていくためには、領域ごと臓器ごとの専門家だけではなく、横断的ながん薬物療法の専門家も一緒にチームの一員として治療にあたることが大切です。そのため、化学療法部では特定の臓器にこだわることなく、臓器横断的な臨床腫瘍学のオンザジョブトレーニングを行っています。実際の診療で遭遇する問題や困難を、患者さんや医療スタッフと喜怒哀楽をともにしながら解決することにより、チーム医療の一員としての自覚が生まれ、科学的で適切ながん薬物療法を実践できるようになります。

名古屋大学の化学療法部は教育と研究を担当する大学病院として、人材育成に加え新しい治療法の開発にも力を入れています。オンザジョブトレーニングに加え、第I相試験を中心とした新規抗がん薬の早期開発治験や、主に臨床薬理学に関連したトランスレーショナル研究も行っており、大学院生はこれらの研究に取り組むことでがん診療においてさらに幅広い視野をもつことも目指しています。そして将来はがん拠点病院やがん専門病院などで、がん薬物療法の専門家として活躍することが期待されます。

入局を考える方はもちろん、一度話を聞いてみたい方、見学をしてみたい方も大歓迎です。下記の問い合わせフォームからのご連絡をお待ちしています。

入局案内 

化学療法部CHEMOTHERAPY

名古屋大学医学部附属病院 
化学療法部

名古屋大学医学部附属病院
化学療法部

〒466-8550
愛知県名古屋市昭和区
鶴舞町65番地

TEL・FAX:052-741-2111(代表)

  • カルボプラチン投与量の算出(カルバート式)
  • リンク集